特定非営利活動法人MOSA

MOSAはソフトウェア開発者を支援します

  • iPhone/iPod touch アプリ紹介
  • MOSA掲示板
  • 活動履歴
  • About MOSA(English)
  • BIZMATCH
  • メールマガジン好評配信中

iOS初-中級セミナー:複数画面サイズへの対応手法まとめ-Swift編(4/15)

2015年4月15日(水)の午後、東京都渋谷区の渋谷区文化総合センター大和田におきまして、Dream Garden Software 中野洋一による「iOS初-中級セミナー:複数画面サイズへの対応手法まとめ-Swift編」を開催致しました。


講師のDream Garden Software 中野洋一(MOSA常任理事/左)

まず冒頭では、画面サイズについての基礎知識をおさらいしました。続いてAutoresizing、Auto Layoutの基本について、出来ることとその実装方法が詳しく解説されました。テキストが事前に配布されていたため、予習をして臨んだ参加者も多くいらっしゃいました。

中盤から後半にかけては、Auto Layoutの実践編として、より複雑な制約を必要とする設定についてサンプルを参照しながら解説し、最後に画面の回転とSize Classesについても、できることとその実装方法について触れました。各々の技術に対するまとめとして、実際の開発にはどの技術が役立つのか、メリットやデメリットはどこか?など、中野講師からまとめとしての見解が示され、セミナーは終了となりました。

受講者の声(アンケートより抜粋)

・複数画面対応についての概略がわかってよかった。Auto Layoutの基本的なものを使えばおおよそ対応できることが分かった。
・Auto Layoutのmultiplierの使い方が理解できた。
・Auto Layoutについてかなり詳しく学べた。特にデモは分かりやすかったです。
・やっとAuto Layoutが理解できた。
・Size Classesがナンなのか分からなかったのが理解できました。
・中野さんのお話はいつも大変楽しいです。実用的な内容が多くて良かったです。
・シンプルな仕様でスタートすべきということがよく分かりました。
・事前のテキスト配布により予習をして参加することが出来た点がよかった。

沢山のご参加、ありがとうございました!次回のMOSAセミナーにもどうぞご期待ください!