特定非営利活動法人MOSA

MOSAはソフトウェア開発者を支援します

  • BIZMATCH
  • mosa entrance
  • iPhone/iPod touch アプリ紹介
  • MOSA掲示板
  • MOSADeN
  • 活動履歴
  • ニュース解説
  • About MOSA(English)

【受付中!】MOSA Software Meeting 2009

2009.10.23〜24 2009.10.20

プログラマー達の熱き2日間「MOSA Software Meeting 2009」開催!

今年のMSMは終了いたしました。開催レポートはこちらをご覧下さい。

タイムスケジュールと各セッションの詳細はこちら
MOSA Software Meeting FAQはこちら

毎年、新しいインスピレーションを与えてくれるキーノート、業界の最前線で活躍中の講師による刺激的な技術セッション、そして貴重な情報交換の場である懇親パーティーなど、充実の2日間をお約束します!年に一度、日本で唯一開催されるMacintoshプログラマの為の一大イベントです。沢山のご参加をお待ちしています!

msm2009-3.jpgmsm2009-1.jpgmsm2009-4.jpg
msm2009-5.jpgmsm2009-2.jpgmsm2009-6.jpg

実行委員長より

nakano.jpg今年のメインテーマは、「Mac×iPhone=未来」

 今年の夏は思ったより暑くなく、はっきりしない天気が各地で続きました。しかし、iPhoneプログラマにとっては実に熱い夏でした。iPhone OS 3.0、iPhone 3GS、1周年のApp Store…等、数々の話題がメディアを賑わせました。iPhone OS 3.0では、新しい課金システム、プッシュ通知、GameKitなど、iPhoneアプリの可能性を拡げる技術が、プログラマの創造力を刺激し続けています。その証拠に、App Storeの登録アプリはゆうに70,000を超える巨大なマーケットへと成長し、その規模拡大は止まる気配がありません。

一方、デスクトップOSであるMac OS Xも、8月末にSnow Leopardとしてバージョンアップしました。「Apple=iPhoneの会社」という一部の間違った認識に発憤するかのように、64ビットパワー、OpenCL、QuickTime X等、数多くの革新的な技術が組み込まれています。iPhoneに注目が集まる中、Snow Leopardの登場によってMacプラットフォームをもう一度見直す機会になりました。

ソフトウェアの未来を見据えると、Mac OS XとiPhone OSが大きなカギを握ることは間違いないでしょう。そこで、今年は「Mac×iPhone=未来」と題し、Mac OS XとiPhone OSの両方の視点からソフトウェアの未来を想像し、新しい技術を習得したいと考えています。iPhone SDKの書籍も大幅に拡充され、日本語の技術資料も日々増えていますが、ご参加いただければさらに新しい発見があるはずです。

昨年同様、より多くの方々に参加していただけるよう、会場を東京都内に設定いたしました。さらなる可能性を秘めたiPhoneアプリ市場に向けた技術習得の場、そして「Mac OS X Snow Leopard」の最新技術に触れる場として「MOSA Software Meeting 2009」を大いに活用して頂きたいと思います。さあ、今年も皆で盛り上げましょう!スタッフ一同、皆様のご参加をお待ちしております。

MOSA Software Meeting 2009 実行委員長  中野洋一

2008年のレポートはこちら

イベント概要

日 時:2009年10月23日(金)〜10月24日(土)

会 場:大橋会館

(東京都目黒区/東急田園都市線「池尻大橋」より徒歩5分) 
    羽田空港より約50分、東京駅から約30分、横浜駅から約40分

主 催:特定非営利活動法人MOSA

協 力:アップルジャパン株式会社

予定されている内容:(詳細はこちら

    

10月23日(金):キーノートおよびAppleセッション、ゲストセッション、懇親会
      「インターパーソナル時代のソフトウェア開発」大谷和利氏
      「iPhone アプリケーション&アクセサリ製品開発概要」アップルジャパン株式会社
      「ソフトウェア開発におけるカラーユニバーサルデザインの重要性」伊賀 公一氏

    

10月24日(土):外部講師陣による2トラック合計8つの技術セッション
   

トラックA

       「Snow LeopardのMOSA的鑑賞法」海上 忍氏
       「未来のiPhoneのためのSnow Leopard技術」小池 邦人氏       
       「つなぐ! iPhoneとiPhone、MacとiPhone」小池 邦人氏
       「iPod Library Accessで作るMy iPod」中野 洋一氏
   

トラックB

       「徹底解説!AppStoreバックヤード」松木英一氏
       「Store Kitによる課金モデルの詳解」木下 誠氏
       「解説!セカイカメラ」近藤 純司氏
       「90分iPhoneゲームプロトタイピング」宮川 義之氏
          (参加者は一人4セッションまで受講可能)

 

募集定員:100名

参加費 :以下の表にてご確認ください。

10/23-24の2日間通し受講料金
MOSA会員またはADC Premier会員 25,000円
MOSA研究室・学生会員 12,000円 ※MSMは、学生会員特典(無料招待)を利用出来ません。
ADC Select会員 32,000円
一般/非会員 35,000円
一般学生 15,000円

ご宿泊を希望される方は、お1人様6,300円の追加料金で会場の大橋会館のシングルルームをご用意いたします。(手配出来るお部屋には限りがあります。)
参加費にはセッション受講料、懇親交流パーティー代が含まれていますが、お昼代は含まれていません。

同時入会時に追加される年会費 :以下の表にてご確認ください。

年会費(入会〜2010年3月末までの半期分)
個人賛助会員 5,000円
個人正会員 6,000円
法人賛助会員 月割りになります。お問合せください。
法人正会員 月割りになります。お問合せください。
研究室/学生会員 無料

 入会に関する詳細はこちらをご覧ください。

参加申し込み:

 ○以下のフォームに必要事項を記載し、お申込みください。
  折り返し、MOSA事務局から受付完了のmailをお送りいたします。

お申込はこちらのフォームから

     

申し込み締め切り

  2009年10月20日(火)16:00メール到着分まで
  定員に達した場合は、この期日より早く受付を締め切ることもございます。
  申込後4日以内(土日祝日は除く)に、MOSAからの返信がない場合は、
  お手数ですが、事務局までお知らせください。         

タイムスケジュールと各セッションの詳細はこちら
MOSA Software Meeting FAQはこちら


ページ分割 1 2 3