特定非営利活動法人MOSA

MOSAはソフトウェア開発者を支援します

  • BIZMATCH
  • mosa entrance
  • iPhone/iPod touch アプリ紹介
  • MOSA掲示板
  • MOSADeN
  • 活動履歴
  • ニュース解説
  • About MOSA(English)

【1日ワークショップ/関西】ハッカソン形式で学ぶSpheroアプリ開発入門

2014.9.23 2014.9.18

MOSAでは、球形ロボットSpheroに対応したアプリ開発をテーマに、iOSアプリ開発経験者を対象としたハッカソン形式(規定時間内に、アイデアの段階から少なくともワーキングプロトタイプのプログラムを完成させるスタイル)のプログラミングセミナーを開催いたします。5月に東京で開催した同名ワークショップが好評につき、大阪での開催が決定しました!
5月31日の開催レポートはこちら


受講料の中には、ランチ代と1人1台利用できるSpheroの代金も含まれており、大変お得です。また、プログラミングに使用したユニットは、セミナー終了後も参加者の所有物としてお持ち帰りいただけますので、その後の個人的なアプリケーション開発にも利用できます。なお、配布されるSpheroは、1.0の再整備品ですが、現在販売中の2.0とはアプリの互換性があります(※)。Sphero向けのアプリは、純正の”Sphero”アプリ(基本となる設定・操縦用)だけでも40万本以上ダウンロードされており、開発対象として十分なインストールベースが確保されています。(※)

※ Sphero 2.0と1.0の主な違いは、マニュアル操作によるスリープの解除方法、および、最高速度と最大輝度になります。

セミナー概要

テクノロジーライターの大谷 和利氏(MOSA副会長)と、iOSプログラマの中野 洋一氏(MOSA常任理事)のコンビによるワークショップセミナーです。iOSアプリ開発経験者を対象とし、いま話題の球形ロボットSpheroをコントロールするためのアプリ開発を、1日のワークショップを通じて学習します。
また、ハッカソン形式ですので、ワークショップの時間内に独自のアイデアを発想するところから始めて、少なくともワーキングプロトタイプのプログラムを完成させ、後日、App Storeでの有料配信または無料配布まで持っていくことが目標です。さらに、アップルストア銀座での発表会も計画しています(詳細は、後日発表予定)。

このセミナーを機に、大きな可能性を秘めた球形ロボットSpheroと触れ合い、その楽しさを感じ取っていただければ幸いです。
参加を希望される方は、下記の「講師より」の項も必ずご確認ください。

1日のスケジュール

セミナー当日の午前中は、大谷氏によるSpheroの概要と操作、そして可能性について解説するプレゼンテーション+デモセッションと、中野氏が実際に開発したオリジナルアプリの紹介です。
Spheroの基本的な機能や操作方法を、参加者とともに実際に動かしながら学ぶと同時に、どのような方向性のアプリ開発が可能なのかを実感していただきます。
また、時間を節約し開発に集中いただくために、当ワークショップはランチ込みとなっています。当日は、本場仕込みのハワイアンバーガーとブレンド一切なしの美味しい100%コナコーヒーをご用意いたします!

時間 タイトル 担当講師
10:00-10:30 受付 受付
10:30-12:30 「Spheroの概要と開発のヒント」 大谷和利&中野洋一
12:30-13:30 休憩 休憩
13:30-14:30 「Spheroアプリを開発してみよう!」 中野洋一
14:30-17:00 個別作業 個別作業

昼食を挟んで午後からは、中野氏によるSpheroアプリの開発セミナーです。
Macを使って、実際にXcodeでコーディングを進めながら、SpheroをコントロールするiOSアプリを組み立てていきます。午前中に得た知識をヒントにして昼休みなどに構想を練り、最終的には、Spheroの発光色や動きを制御したり、逆にSpheroのセンサー機能を活かしてiOSデバイスにフィードバックを与えたりする、独自のアプリを完成させてください。
プログラミングに必要なMacやXcodeなどの開発環境、アプリをインストールするiOSデバイス(iPhone,iPod touch,iPadのいずれか)は、受講者自身でお持ち込みいただきます。

日 時:2014年9月23日(祝)10:30〜17:00

会 場:SOZ Laboratory Cafe&bar

 大阪市東成区深江南3ー21ー4(地下鉄千日前線 新深江駅より徒歩約7分、近鉄 布施駅より徒歩約9分)
 SOZ Laboratory Cafe&barのfacebookページ 

主 催:特定非営利活動法人MOSA

定 員:20名

受講料:

お持ち帰りいただけるSphero 1.0(再整備品)と本格ハワイアンランチつきの受講料です。

MOSA会員 12,000円(※同時入会可)
MOSA研究室/学生会員(26歳以上) 12,000円(※同時入会可)
MOSA研究室/学生会員(26歳以下) 10,000円(※同時入会可)
一般 17,000円
一般学生 15,000円

年会費は法人会員月割計算、個人賛助会員5,000円(半期分)、個人正会員6,000円(半期分)、研究室/学生会員は無料です。(有効期限:ご入会日〜2015年3月末迄)

MOSAの研究室/学生会員(年会費無料)入会募集中!詳しくはこちら

お支払い方法 【銀行振込】または【PayPalシステムによるクレジットカード決済】がお選びいただけます。


ソリューション画像

対 象:

・iOSアプリを開発したことのある方
(※本セミナーは、Sphero SDKの学習を主目的にしています。Objective-CやXcodeの使い方などは割愛いたしますので、すでに習得されていることを前提にセミナーは進行します。)
・開発用のMacとアプリをインストールするiOSデバイス(iPhone,iPod touch,iPadのいずれか)を持参可能な方

OS・その他

講師のデモ環境は、MacBook Pro+Mac OS X 10.9.4+Xcode 5.1.1を使用します。

講師より

「Spheroの概要と開発のヒント」
                      テクノロジーライター 大谷 和利(MOSA副会長)

「Spheroアプリを開発してみよう!」
                     Dream Garden Software 中野 洋一(MOSA常任理事)
    nakano.jpg

  • ■概要
    Sphero SDKの組み込み方から始まり、Spheroをコントロールするための各APIの解説や、具体的な使い方をコードレベルで解説します。
    ワークショップ形式のセミナーなので、皆さんとともにアプリを組み立てていきます。
    ひと通りアプリを開発すれば、Spheroでどんなことができるのかを理解できます。
    あとは、ご自身のアイデアをSphero SDKとともに実装し、ユニークなアプリを開発してください。

    <学習内容>
    ・XcodeへのSphero SDKの組み込み
    ・Spheroとの通信手順
    ・Spheroの発光色を変える
    ・Spheroを前後左右に動かす
    ・Spheroをコントローラとして使う

  • ■プロフィール
    埼玉県越谷市在住のプログラマ。エーアンドエー社を経て15年前にDream Garden Softwareを設立。iOSを中心としたアプリ開発を仕事としています。受託開発がメインの業務ですが、最近は独自アプリも開発を進めています。

各セミナーの進め方

 セミナーは、講師が解説するプロジェクターの画面を使って進行し、受講者は持参しましたMacで一緒にプログラミングを進めます。あらかじめ、Xcodeの最新版をインストールして、当日にMacをご持参ください。
※本セミナーではXcode 5.1.1を使用して解説します。Xcode 5.1.1は、Mac App Storeにて無償で入手できます。

申し込み

 ○以下のフォームに必要事項を記載し、お申込みください。
  折り返し、MOSA事務局から受付完了のmailをお送りいたします。

 ○締め切り:2014年9月18日(木)受付分迄
  (但し、締め切り日以前でも定員となり次第締め切ります。)

 ○申込後3日以内(土日祝日は除く)に、MOSAからの返信がない場合は、お手数ですが、事務局までお知らせください。

備考

 本セミナーの撮影・録音は禁止されております。

皆さまのお申込をおまちしております!