特定非営利活動法人MOSA

MOSAはソフトウェア開発者を支援します

  • MOSAメールマガジン
  • iPhone/iPod touch アプリ紹介
  • MOSA掲示板
  • 活動履歴
  • About MOSA(English)
  • BIZMATCH

【午後/初級】iOS / macOSアプリ開発ハンズオンセミナー

2017.4.27 2017.4.24

MOSAでは、iOSアプリおよびmacOSアプリの開発セミナーを開催します。初心者の方でも楽しんでいただけるよう、ハンズオン形式で実際に手を動かしながら開発手法を学ぶことができます。
Swift言語の基本的な使い方も織り交ぜるので、このセミナーに参加すれば実践的なアプリ開発の知識を得ることができるでしょう。

hayashi.jpg

セミナー概要 第1部 iOSアプリ開発ハンズオンセミナー 林講師

iOSアプリはSwiftやObjective-Cを使い、iOSが持っている様々な機能を利用しながら、開発します。iOSアプリの開発方法は様々な書籍やWebサイト、セミナー、勉強会などで紹介されています。しかし、間違ってはいないにも関わらず、内容が古くなってしまったことで、初心者の方にとって、最初の一歩が難しくなってしまっています。本セミナーでは、最新の開発環境でSwiftを使ったアプリの作り方をハンズオン形式で学習できます。

iOSアプリの開発方法を知りたい方、少しの間、iOSアプリの開発から離れていた方、プログラミングの初心者方に、是非、ご参加頂きたいセミナーです。
講義内容については「講師より」もご覧ください。

セミナー概要 第2部 macOSアプリ開発ハンズオンセミナー 中野講師

第2部のMac上で動作するアプリの開発では、iOSと同様にSwift言語やCocoaフレームワークを使いますが、iPhoneやiPadとユーザインターフェイスが異なります。画面タッチができない代わりに、メニューバーやマウス操作などMac特有の要素をアプリで実装しなければなりません。ただし、Macアプリの開発にはiOSアプリのように様々なデバイスへの対応もなく、多くのメモリや保存領域を持っているので、気軽に開発を始めることができます。また、アプリの配信はiOSアプリのように審査を通さなくても配布できる自由度もあります。
今までiOSアプリを開発し続けた自分にとって、macOSアプリ開発の開放感はプログラミングの楽しさを再認識させられました。これからプログラミングを始める方にとっても、むしろmacOSアプリの開発の方がハードルが低いようにも思えます。その意味でも、プログラミング初心者の方に本セミナーを受けていただきたいと思っています。
講義内容については「講師より」もご覧ください。

日 時:2017年4月27日(木)13:30〜18:00(休憩含む/受付開始 13:10〜)

会 場:ちよだプラットフォーム 地下1階ミーティングルーム

 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21
(竹橋駅(東西線)3b出口より徒歩2分)アクセスマップはこちら

主 催:特定非営利活動法人MOSA

講 師:

 第1部 アールケー開発  代表 林 晃(MOSA理事)
 第2部 ドリームガーデンソフトウェア 代表 中野洋一(MOSA理事)

定 員:16名

応募の人数によっては開催を中止させていただくこともあります。

受講料:本セミナーは、すべて事前振り込みとなります。1部2部通しの料金です。

MOSA会員 6,000円(※同時入会可)
MOSA学生/研究室会員 3,000円(※同時入会可)
一般 10,000円
一般学生 5,000円

【同時入会も待っています!】
年会費は法人会員50,000円、個人賛助会員10,000円、個人正会員12,000円、研究室/学生会員5,000円です。(有効期限:ご入会日〜2018年3月末迄)

第1部 iOSアプリ開発ハンズオンセミナー

時 間:13:30〜15:30

講 師:アールケー開発 代表 林 晃(MOSA理事) 


対象者

Swiftについて基礎的な知識をお持ちの方

OS・その他

講師のデモ環境は、MacBook Pro Retina Late 2016 + macOS 10.12 + Xcode 8.3を使用します。

講師より(講習テーマ、内容)

最新のXcode 8を使用して、画像変形アプリを作ります。プログラミング言語はSwift 3を使用します。

画像変形アプリは、フォトライブラリに保存されている写真を読み込み、画像を3D変形して表示するアプリです。アプリ上でユーザーが操作して、どのような変形をするかを設定できるようにします。XYZの各方向に次のような変形を設定できるようにします。

・拡大
・平行移動
・回転

例えば、画像編集ソフトの傾き補正はZ軸を中心にして回転させるという処理で実現出来ます。

学習内容一覧
・イメージピッカーの使い方
・CALayerの作成方法
・画像の読み込みと表示
・CALayerの3D変換
・3D変換行列の作成方法
・コントロールの使い方

第2部 macOSアプリ開発ハンズオンセミナー

時 間:16:00〜18:00

講 師:ドリームガーデンソフトウェア 代表 中野洋一(MOSA理事) 

    nakano.jpg

  • ■中野洋一 プロフィール
    埼玉県越谷市在住のプログラマ。エーアンドエー社を経て15年前にDream Garden Softwareを設立。iOSを中心としたアプリ開発を仕事としています。受託開発がメインの業務ですが、最近は独自アプリも開発を進めています。


対象者

プログラミング初心者(Swiftの知識もあれば尚良)

OS・その他

講師のデモ環境は、MacBook Pro Retina Late 2016 + macOS 10.12 + Xcode 8.3を使用します。

講師より(講習テーマ、内容)

最新のXcode 8およびSwift 3を使ってmacOSアプリの開発手法を解説します。テーマは画像処理アプリです。サンプルなので本格的な機能はありませんが、画像をドラッグ&ドロップでFinderから読み込んだり、Core Imageで画像を加工できます。最後に加工した画像を別ファイルに保存するまでを実装します。
iOSアプリの開発情報はネット上に溢れていますが、macOSになると途端に少なくなったり、記事の内容が古かったりします。このセミナーで最新のmacOSアプリ開発を体験いただきたく、皆さまのご参加をお待ちいたします。
学習内容一覧
・macOSアプリ開発の基礎知識
・プロジェクトの作成
・Window ControllerとView Controller
・ウインドウへのドラッグ&ドロップ
・画像の読み込み
・レスポンダーチェーン
・アンドゥ・リドゥの実装
・Core Image
・ファイル書き出し

講座の進め方

セミナーはプロジェクターの画面と事前配布するテキストを使ってハンズオン(実習)形式で進行します。MacBook等を持ち込んでいただき、実際に手を動かしながらアプリ開発を体験いただけます。

申し込み

 ○以下のフォームに必要事項を記載し、お申込みください。
  折り返し、MOSA事務局から受付完了のmailをお送りいたします。

 ○締め切り 2017年4月24日(月)受付分迄
  (但し、締め切り日以前でも定員となり次第締め切ります。)
 ○申込後三日以内(土日祝日は除く)に、MOSAからの返信がない場合は、
  お手数ですが、事務局までお知らせください。

備考

 セミナー内容の録音・撮影はお断りしております。
 セミナーテキストの内容を許可なく流用することは、固くお断りいたします。

皆さまのお申込をおまちしております!