特定非営利活動法人MOSA

MOSAはソフトウェア開発者を支援します

  • BIZMATCH
  • mosa entrance
  • iPhone/iPod touch アプリ紹介
  • MOSA掲示板
  • MOSADeN
  • 活動履歴
  • ニュース解説
  • About MOSA(English)

MOSAプログラミングセミナー「iOS / macOSアプリ開発ハンズオンセミナー」レポート(2/23)

2017年2月23日(木)の午後、東京都千代田区のちよだプラットフォームスクウェアにおきまして、MOSAプログラミングセミナー「iOS / macOSアプリ開発ハンズオンセミナー」を開催致しました。
セミナーはほぼ満席の盛況ぶりで、皆さんの関心の高さがうかがえました。

第1部「iOSアプリ開発ハンズオンセミナー」 アールケー開発 代表 林 晃(MOSA理事)


講師のアールケー開発 林晃理事

第1部では、iOSアプリの基本的な開発手法を学ぶため、暗記カードアプリを題材に講義が進みました。

Xcodeの基本的な使い方、プロジェクトの作り方、Storyboardの設定など、iOSアプリ開発に欠かせない知識を丁寧に解説いただきました。

ハンズオンセミナーなので、皆さんが持ち込んだMacBook上で実際にXcodeを使い、テキストを見ながらアプリ開発を体験していただきました。Auto Layoutの設定やコーディングで苦戦された方も見受けられましたが、皆さん真剣な表情でプログラミングに取り組んでおられました。

ボタンを押した時の画面遷移や、問題データを構成するProperty List、乱数の発生方法など、開発の現場で役立つノウハウも解説されたので、実り多いセミナーとなりました。

今回は暗記カードという実用的なアプリを開発したので、学んだ知識を使って色々な学習アプリに発展できそうです。

ぜひ復習も兼ねて、引き続きプログラミングを楽しんでいただきたいと思いました。

レポート: 中野 洋一

受講者の声(アンケートより抜粋)

・スタンダードな開発手順を学べて良かった。
・とてもわかりやすい説明だった。
・アプリの開発手法が理解できた。
・コードの解説や作成したアプリがわかりやすいものであった。
・自分で作るときに、どのように調べれば良いかを、ひと通り理解できました。
・問題ファイルの作成は役立ちました。
・実体験ができて良かったです。

第2部「macOSアプリ開発ハンズオンセミナー」 ドリームガーデンソフトウェア 代表 中野 洋一(MOSA理事)


講師のドリームガーデンソフトウェア 中野洋一 理事

第2部では、macOSアプリの開発方法のハンズオンセミナーを行いました。macOSアプリは、iOSアプリと同様にXcodeとSwiftを使いますが、設計思想などの違いによりコードの組み立て方やユーザーインターフェイスの作り方は大きく変わります。今回のセミナーではご参加頂いた皆様に簡易画像編集アプリを作って頂きました。

まず、macOSアプリ開発の基礎知識の解説から始まり、プロジェクトファイルの作成、Storyboardファイルの編集を行い、ファイル選択ダイアログを表示し、選択された画像ファイルを、ウインドウに表示する機能を作りました。次にウインドウへドラッグ&ドロップされたファイルを開く機能や、macOSが持っている画像処理機能を使ったモノクロフィルタの適用、編集後の画像ファイルの保存機能、Undo/Redo機能の実装、トリミング機能の実装など、短い時間で多くの機能の実装を体験して頂きました。

レポート: 林 晃

受講者の声(アンケートより抜粋)

・macOSアプリ開発の肝所がわかった。
・アプリの開発手法が理解できた。
・Macのよく使えそうなところがひと通り体験できました。
・テキストの最後に、次に何をすれば良いかの課題が載っていたが良かった。
・macOSの開発は初めてでしたので、新鮮でよかった。
・とてもわかりやすくて良かった。
・アプリを作る経験ができたことが良かった。

沢山のご参加、ありがとうございました!次回のMOSAセミナーにもどうぞご期待ください!